とある整体院院長の日常です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脊柱管狭窄症 には整体、鍼灸 1

以前にも書いていたと思うのですが、


最近また脊柱管狭窄症の症状で困って来院される患者さんが多いので、


脊柱管狭窄症について書いてみようと思います。



脊柱管狭窄症とはどのような病気でしょう?


脊柱管が狭窄することによって生じる病気だということは文字からイメージされると思います。


まあ、簡単に言えばそれで終わりなんですが、、、それではちょっと。



では、脊柱管とは何でしょう?


脊柱管は背骨の後側を脳から続く脊髄を通すための管です。


脊髄は脳からの指令を体中の内臓や全身の筋肉に伝えるための大切な道筋です。


背中を丸めるとボコボコと触ることのできるのは、棘突起という背骨の一部ですが、


この棘突起の前側を脊柱管が走り、その前に背骨の本体がある構造です。


年を重ねるにつれて、背骨の一つ一つの間にある椎間板がつぶれてくることで、


背骨が変形してしまいその変形部分がトゲのようにとがり、


後を通る脊柱管を圧迫するようになったり、


脊柱管を構成する靭帯が骨化といって、靭帯の特徴である柔軟性がなくなり、


骨の様な硬い組織に変化してしまうことによって脊柱管が圧迫されたりします。


椎間板ヘルニアや腰椎のすべり症などから脊柱管が狭窄されることもあります。



このような原因によって脊柱管が狭窄してしまうとどのような症状が現れるでしょうか?


どこでどの神経を圧迫してしまうかによって症状は微妙に違いますが、


基本的には間欠性跛行という特徴的な症状があります。


間欠性跛行というのは、歩いている内に腰から足にかけて痛みやしびれがでてきて、


休み休みでないと長く歩けないというような症状です。


一度腰を曲げて座ったりして休むとまたしばらく歩けます。


歩くのは辛いが自転車なら大丈夫という人も多いです。


神経の圧迫症状が強い場合は、


まっすぐに立つことや仰向けやうつ伏せに身体を延ばして寝ることすらできません。


また、狭窄される場所によっては直腸膀胱障害といって排尿排便が障害されることもあり非常に厄介です。


笑顔とゆとりの治療院↓
 

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー


10 ≪ 2017/11 ≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

パルモ三鷹整体センター

Author:パルモ三鷹整体センター
FC2ブログへようこそ!

ランキングに参加しています♪

ブログランキングで競い合っています。 何事も狙うは1番! 大志は常に高くもっているパルモ三鷹院長の為に、 ぷちっとクリックお願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへクリック一つであなたも健康になれる!?かも

リンク

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。