とある整体院院長の日常です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脊柱管狭窄症と整体、鍼灸 3

脊柱管狭窄症の治療に大切なのは、背骨のわきの筋肉を緩め、血流を良くすることです。


これには鍼灸や整体の技術が非常に有効です。


湿布薬や痛み止めなどではなかなかこの筋肉が緩むのは難しいのです。


整体では、背骨に負担をかけないように背骨を支えている深部の筋肉を緩めます。


これにはちょっとした技術、コツがあります。


やみくもに押せばよいというものではありません。


むしろ下手に押せば症状は悪化します。


背骨に負担をかけずにこの深部の筋肉をゆるめるには、鍼灸も非常に有効です。


鍼灸の刺激は強く押すよりも背骨への影響が少なく効果的な治療です。


そして、この背骨を支える深部筋を緩めたら、


神経の通るルートを広げてあげる事が効果を出すポイントにもなります。


これは簡単なストレッチですが、仰向けに寝て膝を抱えて腰を丸めるような感じです。


これを深部の筋肉をゆるめながらやると非常に効果があります。


鍼灸や整体は薬のように副作用の心配もほぼありません。


それでいて脊柱管狭窄症の症状を改善できるので、


困っている方は是非迷わず施術を受けて頂きたいです。



笑顔とゆとりの治療院↓
 


スポンサーサイト

脊柱管狭窄症には整体、鍼灸 2

脊柱管狭窄症がどのような病気かというのを前回書かせてもらいました。



今回は脊柱管狭窄症の治療について書こうと思います。



脊柱管狭窄症の原因は人によって違うのですが、



脊柱管の狭窄している状態がレントゲンやMRIなどで確認できます。



よって整形外科的にはその状態が手術適応であれば、手術。



手術までは痛み止めやビタミン剤、神経ブロックなどで経過観察というのが一般的だと思います。



しかし、この脊柱管狭窄症は脊柱管の狭窄が症状の根底にはあるのですが、



その狭窄部分だけが症状の原因かというとそうでない場合が多いようです。



脊柱管は年をとっていくと誰でもある程度狭窄してくると思われます。



では、症状が全ての人にでるか?というとそうではありません。



脊柱管が狭窄されていても症状が出る人と出ない人がいるのです。



その違いとはなんでしょう?



その違いは背骨の脊柱管から外に神経がでてくる周りの



筋肉の緊張があるかないかに伴って血流が良いか悪いかということだと思います。



背骨わきの筋肉が柔らかく血流が良い場合は、



脊柱管から背骨の隙間をぬけ出てくる神経の通りが良く



症状はあまりでないのですが、逆にこの背骨わきの筋肉が硬く血流が悪いと



脊柱管から背骨の隙間をぬけ出てくる神経の通りが悪く、



このことが症状に直接影響するのだと考えられます。



だから、脊柱管の狭窄部分を手術しても症状が完全には良くならなかったり、



しばらくたってからまた症状が再発するのだと思います。



脊柱管狭窄症の治療は



まずこの背骨の際にある筋肉をどのようにして緩め血流を改善させるかがポイントになります。



笑顔とゆとりの治療院↓
 

脊柱管狭窄症 には整体、鍼灸 1

以前にも書いていたと思うのですが、


最近また脊柱管狭窄症の症状で困って来院される患者さんが多いので、


脊柱管狭窄症について書いてみようと思います。



脊柱管狭窄症とはどのような病気でしょう?


脊柱管が狭窄することによって生じる病気だということは文字からイメージされると思います。


まあ、簡単に言えばそれで終わりなんですが、、、それではちょっと。



では、脊柱管とは何でしょう?


脊柱管は背骨の後側を脳から続く脊髄を通すための管です。


脊髄は脳からの指令を体中の内臓や全身の筋肉に伝えるための大切な道筋です。


背中を丸めるとボコボコと触ることのできるのは、棘突起という背骨の一部ですが、


この棘突起の前側を脊柱管が走り、その前に背骨の本体がある構造です。


年を重ねるにつれて、背骨の一つ一つの間にある椎間板がつぶれてくることで、


背骨が変形してしまいその変形部分がトゲのようにとがり、


後を通る脊柱管を圧迫するようになったり、


脊柱管を構成する靭帯が骨化といって、靭帯の特徴である柔軟性がなくなり、


骨の様な硬い組織に変化してしまうことによって脊柱管が圧迫されたりします。


椎間板ヘルニアや腰椎のすべり症などから脊柱管が狭窄されることもあります。



このような原因によって脊柱管が狭窄してしまうとどのような症状が現れるでしょうか?


どこでどの神経を圧迫してしまうかによって症状は微妙に違いますが、


基本的には間欠性跛行という特徴的な症状があります。


間欠性跛行というのは、歩いている内に腰から足にかけて痛みやしびれがでてきて、


休み休みでないと長く歩けないというような症状です。


一度腰を曲げて座ったりして休むとまたしばらく歩けます。


歩くのは辛いが自転車なら大丈夫という人も多いです。


神経の圧迫症状が強い場合は、


まっすぐに立つことや仰向けやうつ伏せに身体を延ばして寝ることすらできません。


また、狭窄される場所によっては直腸膀胱障害といって排尿排便が障害されることもあり非常に厄介です。


笑顔とゆとりの治療院↓
 

冷房の冷え

六月も気付けば後半。大分梅雨らしくなりました。


毎日湿度が高く、じめじめして嫌ですが、


日本の梅雨はそういうものだと割り切っていきましょう。


湿度気温共に高くなってくると、いろいろな場所で冷房がかかりはじめました。


この冷房の冷えは、冬の寒さでの冷えより厄介かもしれません。


自分も冷房あまり得意ではなく、冷房をかける時期になると必ず喉が痛くなります。


これは足の内側の冷えと肘の辺りの冷えが関係していると思います。


その二か所を温めると喉の痛みが減ってきます。


風邪の引き始めにもこの二か所は温めると良いですね。


冷房の冷えは思っている以上に身体を冷やします。


きているもので調整出来る場合は良いですが、それでも冷える場合は、


温かいものを飲んだり、少し身体を動かして身体の中から温めましょう。


笑顔とゆとりの治療院↓
 

痛みの取り方

痛みの取り方にはいろいろあると思います。


痛み止めを飲む。ブロック注射をうつ。麻酔をかける。など。


しかし、痛み止めを飲んで痛みを止めても痛みの原因は改善されていないことが多いです。


日常的に頭痛がしたら頭痛薬を飲むという人は、頭痛の根本的な原因を治していないので、


薬に依存していきます。辛い時に薬で辛さをごまかすだけです。


根本的な改善がないですし、薬も効きにくくなることもあり、副作用なども心配です。


ブロック注射も痛いところに麻酔をかけているので、麻酔がきれればまた痛くなることが多いです。


痛みを麻酔で止めながら運動することで筋力低下を防いだり、悪い場所が治っていく場合もあります。


この場合は良いと思いますが、麻酔が切れたらまた痛いという場合は根本が治っていません。



できれば、薬や注射に頼らないで痛みを取りたいですね。


たとえば、痛いところに手を当てる。


これは痛みという感覚をを触ると言う感覚でやわらげる行動です。


また、痛いところには痛み物質がでているので、それを流してあげると痛みが無くなります。


それには血流改善が重要でその為に温めたり、マッサージすることも有効です。


痛みはそれ自体が血流を阻害するストレスになるので、


痛みから逃げるように痛くない動作、角度などを見つけるのも大切です。


その痛みのない動作、角度は痛みを出している部位を休ませている動作、角度です。


痛みを出している部位をなるべく休ませて、血流を改善させることで、


組織の修復が早まり痛みが取れていきます。


この方法は、副作用もなく身体の自然治癒力を高めるのでおすすめです。


笑顔とゆとりの治療院↓
 

カレンダー


06 ≪ 2017/07 ≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

パルモ三鷹整体センター

Author:パルモ三鷹整体センター
FC2ブログへようこそ!

ランキングに参加しています♪

ブログランキングで競い合っています。 何事も狙うは1番! 大志は常に高くもっているパルモ三鷹院長の為に、 ぷちっとクリックお願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへクリック一つであなたも健康になれる!?かも

リンク

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。